FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコン雑記メモ(仮)

今年もあと少しで終わり

去年の末あたりからPCを新調するタイミングを計りながら悩んでいたが
一応、新しく組むPCのパーツが揃ったので新調前に

今使ってるパソコンをメモっとく

現在使用しているデスクトップPCは2012年製。
5年前のIvy Bridge世代(第3世代)のパソコン工房製ショップBTOパソコン。
買った当時は構成の割にに安かったような気がする。

■購入当時の構成
OS:Windows7Pro
CPU:i7 3770K
M/B:ecs z77h2-a3
メモリ:DDR3 8G
HDD:1TB
GPU:GTX670
電源:POWER MAN 700W

パワーマンとか聞いたことなかった。
調べるとIN WINらしい…ケース作ってるとこのイメージ

PC自体はGTX670が乗っていた物で悪くは無かったが
経年劣化で電源とGPUの音がうるさく、気になった為
とりあえず新しい電源とGTX1000シリーズに変更しようとしたときに
この世代の問題にばっちり当てはまってた。

何かと言うと
グラフィックボード・UEFI問題
に該当するマザーボードだった事。

簡単に言うとグラボのBIOSがUEFI形式だと搭載できないM/B。

ちょうど移行時期に買ってしまった不幸。
新調しても同じ様なことがありそうでとっても怖い。

■現在の構成
OS:Windows10Pro
CPU:i7 3770K
M/B:B75M-plus
メモリ:DDR3 16G
GPU:GTX1070
SSD:250G
SSD:500G

HDD:1TB
電源:SS-760XP2S
ケース:Fractal Design define mini C

K付の意味などない!な、ちぐはぐな構成。
M/BがCPUの足を引っ張り
CPUがGPUの足引っ張ってる気がする。(気のせい)

この世代のM/BはB75M-plusしか売ってなかった。
でも価格コムでずっと上位にいるM/B、唯一のM/Bだから当たり前か。

交換して余ったパーツは不足分を中古で買い足して譲渡。

こんな感じでメモ終わり。

今週末辺りに新PCをゆっくり組もうと思う。
スポンサーサイト

HDD→SSDへ交換後にシャットダウンが遅くなる

ずっと前から放置してた件をやっとこ解決したのでメモ。

解決方法はなんて事無く。

「仮想メモリとハイバネーション(休止)を無効にする」を行った。

20~30秒ほどかかっていた時間が5秒未満になりました。

また上記項目を無効にしたことで空き容量も約30Gほど増えました。

大容量の物理メモリを積んでいる場合は効果的らしい。

ただノートパソコンの場合は注意したほうが良いとの事。
 32bitOSでのメモリは4G以上を認識しないので仮想メモリは無効しない方が良く。
 バッテリー充電切れ対応で休止を使用してある場合も無効は非推奨。

64bitOSで十分な物理メモリ容量を積んでいて休止を使用しない場合は
シャットダウンが速くなる(と思われる)ので良いんじゃないかな

----------------------------
参考サイト
大容量メモリでシャットダウンが遅い場合 - ザ・覚書
【2016年版】Windows 7におけるSSDの設定方法と最適化 - 公安9課
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。